最新の投稿
顔を洗う女性

体調が悪い時やホルモンバランスの乱れなど、体調の変化によって皮脂の分泌量が変化します。皮脂が過剰に分泌されると毛穴がつまり、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が増殖し、炎症や化膿が起こりニキビなどの肌荒れが起こります。古い角質が溜まっても毛穴が詰まるので、乱れた肌の生まれ変わりを改善するには、新陳代謝を促し肌の水分と油分のバランスを調整し規則正しい生活が重要になります。ニキビを改善するのに今注目されているのが、ケミカルピーリングです。ケミカルピーリングとは、皮膚に専用の薬品を塗り、皮膚を剥がすことで蓄積された古い皮膚を除去し、肌の代謝を促し化粧水の浸透力を高める効果が期待されています。ケミカルピーリングは美容外科や皮膚科で行うことができ、ニキビで悩んでる人やシミや跡が気になる、肌のごわつきが気になるという人に適しています。一般的にピーリングに使用される酸にはクエン酸や乳酸にリンゴ酸などのフルーツ由来の酸が使われます。一般的にケミカルピーリングは医療機関のみと法律で決められており、皮膚科での施術が安全です。価格は各クリニックによって様々ですが、5,000~7,000円が相場です。使用する薬や酸の強さはそれぞれの患者さんの肌状態や肌質に合わせて行われます。酸が強い方が効果があると思ってあえて強いものを選ぶ方も居ますが、肌が弱い人が酸の強い薬を選ぶと施術中に強い刺激を感じ、かゆみや炎症の原因に繋がります。逆にニキビが悪化してしまう事もある為、肌の状態や質にあったものを選ぶことが重要です。ケミカルピーリングを1回行っただけでは肌の状態が改善されないので、通院する回数は先生と相談になりますが平均的に6~12回は通院し、施術を受ける必要があります。回数によっても金額は変わる為、最初のカウンセリングなどでも金額についての見積もりを立ててもらうと、その後も通院しやすくなります。また、ピーリングにも副作用は存在します。施術後は肌が敏感になるため、かゆみや炎症が起こりやすくなったり、今まであった角質を強制的に除去するので肌が不安定な状態になります。また、ピーリングそのものに慣れていない医師が行うと、肌トラブルを起こしやすくなる事もある為、肌トラブルを起こさないためにも、ケミカルピーリングに対しての実績が十分にあるクリニックを選ぶ必要があります。インターネットの口コミや実際に施術を行ったことがある人の体験を参考にすることをお勧めします。